高谷ベーカリーの米粉パン

最新情報

18.11.20

摂津峡・花の里温泉 山水館のランチに米粉パンが採用

摂津峡・花の里温泉 山水館のランチに高谷ベーカリーの米粉パンが採用されました。
http://www.sansuikan.com/
18.8.19

夏季休暇のお知らせ

8.19(日)~8.24(金) 夏季休暇とさせていただきます。
18.6.20

臨時休業のお知らせ

本日4時までに、水の安全宣言が出なかったため6月20日は、臨時休業とさせていただきます。
尚、明日21日(木)は、定休日となります。
17.12.25

年末・年始 営業のお知らせ

12.28(水) 定休日 12.29(金)~31(日)は、休まず営業
1.1(月)~1.5(金)店休日 1.6(土)通常営業
17.10.20

イベントのお知らせ

11月5日(日)開催 大山崎町「天王山ゆひまつり」に、大山崎町産のお米で作った米粉パンを販売いたします。是非、ご来場ください。
17.10.20

11月3日平安女学院高槻キャンパス文化祭

稲刈り・パン作りを体験した学生さんが米粉パンを販売いたします。
17.10.19

「アロームのパーティーサンド」のご紹介

※PDFはこちら

高谷のこだわり

10年前に新聞を読んでいたら、米粉でパン作りをしている人の記事に出逢いました。その当時も日本食料自給率が40%前後と低迷しており、私は「米」は粒で食べても、粉で食べても同じ消費だから、ベーカリーの立場から、米を「粒ではなく、粉」として、一部のパンを作り始めまして今に到っております。 小規模の田舎のパン屋ですが、今までほとんどのベーカリーが米粉パン製造において「小麦粉ベースで米粉を20%~30%混ぜる方法」でパン作りを行って来ました。そのやり方では「米粉パン本来のモチモチ食感」があまりでないのです。高谷ベーカリーは「米粉ベースで小麦由来のグルテンを混ぜる方法」で米粉パン作りをしているために「米粉パン本来のモチモチ食感」を十二分に堪能して頂くことの出来る「米粉パン」をご提供しています。つまり、作り方一つで(米粉入りパン)と(本物の米粉パン)は全く違うパンだと思います。一人でも多くの消費者が国産米粉で焼いた高谷ベーカリーの本物の米粉パンを食して頂いて微力ながら日本の食料自給率向上の一翼を担って頂きたいと考えています。

また、高谷ベーカリーでは、米粉パンを含む店内製造パンの一部原材料を「10年後の身体を作るのは今の食事」とのテーマを掲げて色々と見直して、パン作りを行っています。例えば「塩」です。福井県産「越前塩」を使用することにしました。 また「砂糖」は上白糖から奄美産の黒糖に変えました。

最後に、今年の秋に獲れる新米から私の地元高槻市清水地域のお店がある近くで収穫した米を使用した米粉で米粉パンを作って行く準備を進めて地産地消の一翼を担いたいと考えています。是非とも、こだわりの「高谷の米粉パン」をご賞味して頂きたいと思います。

お店の基本情報
店名
高谷ベーカリー(アローム清水店)
住所
〒569-1032 高槻市宮之川原5丁目20番1号
連絡先
072-687-1771
Mail
info@komeko.co.jp
アクセスマップ

米粉パンとは

米粉パンとは

米粉パンは、お米の持つ「モチモチ感」や「しっとり感」が特徴です。外国の方にも是非食べていただきたい低カロリーで良質な「日本食」の新しいスタイルの提案です。

ホンモノの素材を

高谷のこだわりパン

高谷のこだわりパン カンパーニュ
  
PAGE TOP